風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

手塚治虫の嫉妬

手塚治虫といえばマンガの神様とも言われ、
日本のマンガの歴史における巨人のひとりなのは明白です。
個人的には、あの膨大な量の作品のうち、
ごく一部しか読んでないかも知れない。
高校生の頃に読んで印象的だったのは「火の鳥、鳳凰編」、
ブラックジャックもわりと好きでした。

もっともある時期、才能のある若手が沢山出てくると、
手塚マンガは人気も落ちてしまい、
あまり売れていなかったのも事実のようです。
その頃、手塚治虫の引退作のような意味合いで発表されたのが、
医師が主役のブラックジャックでした。
しかしこの作品が大いに人気を博し、
手塚治虫はマンガ家としても再び売れはじめます。

ただ、手塚治虫は他のマンガ家たちへの、
ライバル意識が強烈で、いろいろなエピソードが残っています。
「手塚治虫 嫉妬」で検索してみて下さい。

   「アドルフに告ぐ」読み終へてチューリップ


a saita rt c

   「アドルフにつぐ」よみおへてチューリップ

スポンサーサイト
  1. 2016/04/21(木) 20:25:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<展示の準備が・・・ | ホーム | 展示会への準備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/931-929602bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1170)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR