FC2ブログ

風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

立春の本来の意味

今年は今日が立春ですね。
立春と聞くと春のイメージですけど、
そもそも二十四節気の第一であり、
気候的に春の意味ではないようです。
ただ、昼夜の長短を基準に季節を区分するときは、
立春から立夏までが春となります、ややこしい。

つまり日照時間からの(暦の)春と、
気候的な春は、同じではないことになります。

暦では本来、冬至と春分の中間の日に当たり、
むしろ立春は寒さの頂点の日、という意味があります。
それで立春の翌日からが余寒や残寒と言います。
「立春を過ぎて暦の上では春なのにまだまだ寒い」、
という言い方も誤りなのだそうです。

立春は寒さの頂点であり、これから春がはじまる日、
と覚えておくとよいかも知れません。

ところで今日の句、こういうのは、
面白いと言ってくれる人もいるかも知れませんけど、
伝統系ではたぶん苦笑もしくは無視されそう。

   立春の空へ連打の猫パンチ


a riso rt c

   りつしゆんのそらへれんだのねこパンチ


スポンサーサイト



  1. 2016/02/04(木) 22:32:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<六本木ヒルズ、夜 | ホーム | 現代川柳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/881-4ec8df5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1519)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR