FC2ブログ

風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

現代川柳

川柳に現代川柳というジャンルがあります。
一般には、川柳といえばユーモアや風刺のイメージですけど、
それとはだいぶ異なった趣です。

どちらかというと、現代俳句ともかなり似ていて、
現代川柳の一句を見ると、俳句と思う人もいるかも知れない。
ただ、作家の複数の句や句集として読むと、
やっぱり俳句とは違うみたい、と思います。
川柳には季語の概念がありませんけど、
俳人が季語として使う言葉の入っている現代川柳はあります。
だからちょっとややこしい、

 舟虫よお前卑怯で美しい   時実新子

もっとも現代川柳という見方は不要なのかも知れず、
ただ、サラリーマン川柳やユーモアばかりが川柳ではない、
ということは覚えておいたほうがよさそうです。
川柳誌「バックストローク」は数年前に終刊となり、
読んだことないですがいまは「川柳カード」という川柳誌があります。
また、川柳をやる人を「柳人」とも言います。

現代川柳と写真のコラボレーションも見かけます。
手元にも一冊あってフォト句集「 くりかえす」(徳永政二、藤田めぐみ)。
写真とのコラボは俳句より川柳のほうが相性いいかも知れない。

さてもうすぐ立春ですね、今日(昨日)も暖かな一日でした。

   冬果つる土踏む人のつちふまず


a paji rt c

   ふゆはつるつちふむひとのつちふまず


スポンサーサイト



  1. 2016/02/03(水) 00:36:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立春の本来の意味 | ホーム | 書店の俳句コーナー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/880-806bf092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1519)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR