風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

良句と駄句

ささやかながら、いろんな句会に出て、いろんな知り合いがいます。
句会での点数にこだわりが強い人もたまにいますけど、
自分ではあんまりピンと来なくて。

わりと点が入っても、何点だったか覚えてないことも多いし、
選が入ったときは、喜ぶというより、ほっとする感じ。

けど句会に出はじめた最初の頃は散々でした。
友人に紹介してもらって生まれて初めて参加した句会が、
いわゆる超結社で、所属はばらばら。
しかも受賞歴のある俳人や、結社の編集長や、同人会長、
若手でも俳句甲子園優勝、準優勝とか、そんな人が多くて。
ここの句会で1年くらいは、毎月ぼろぼろの成績でしたから。
よくやめなかったと思います(w

ただ、ここで苦労(苦学?)したせいか、
いまは、他所の句会へ行っても、
主宰選も含め、そこそこの成績のことが多いです。
成績が振るわないときももちろんあります。
むしろ自分の句に点が入ったかどうかより、
他の人の面白い句や興味深い選評に出会えるかどうかが、
句会に出るモチベーションになってます。

初学の頃の自分の句を振り返ると、ひどいのが多い(w
当時は自分ではいい句と思ったのでしょうけど、
いまの目で見ると、どうにも面白くない。

すこしずつ自分が前進できたのは、
良い句が良いと判るかどうかと、
ダメな句がダメと判るかどうか、
この二つがポイントだった気がします。

詰まらない句を、詰まらない句と認識できるかどうか、
平凡な発想が、平凡だと自分でもすこしは判るようになって、
一歩を踏み出せたように思います。

これは本を読んだり、投句することよりも、
句会という生のライブで場数を踏んで、
頭より身体で学んできたような感じかも。

俳句を修練していく上で、さらに、この先に大きな山があるみたい。

写真は先日の軽井沢。
このコースの外周では、スピードスケートの練習もしてました。
ぴっちりのレーシングスーツを着て、格好よかったです。
ちなみにアップの写真はありません。

   スケート場鳥の速さの選手たち


a suketo rt c

   スケートぢやうとりのはやさのせんしゆたち


スポンサーサイト
  1. 2016/01/16(土) 22:00:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カーリング結婚式 | ホーム | 軽井沢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/870-ce6913a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1130)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR