風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

無季の句

「里」の3月号、今日あたり届くかな。
ここは結社ではなく、同人です。
個性的な人も多いし勉強になっています。
毎月10句を投句することができて、
そのうち7句が掲載されます。

「里」の誌面ではじまった佐藤文香さんの選による
「ハイクラブ」も前回より人が増えたそうです。
これは里以外の人も投句することが出来ます。
前回「ハイクラブ」での倉田句のひとつが、

   自転車は漕ぐべし顔は信長で

これは無季の句です。
自分の場合、基本的には有季定型で詠んでいます。
揚句はまずこの形で浮かんで、
あとから季語が入らないか推敲してみました。
けれど、あれこれやって季語を入れた形にしてみたら、
詰まらなくなってしまって、元の無季のままのほうがよかった。
それで無季として投句したものです。
結社によっては無季句を認めないところもありますが、
自分が参加している句会では時々見かけます。
無季句についての考え方は人それぞれみたい。
季感がないという点では不利ですけど、
それを補う内容の句なら、
無季でもいいのではないかと個人的には思います。

ところで「第三回週刊俳句10句競作」の応募が出揃いましたね。
今回は65作品の応募があったそうで、
作品が順次掲載になるみたい。
編集部で予選のあと、審査員による選考を行なって、
受賞者が決まるそうです。
専門的な俳句は一人が30~100句を応募する形の賞が多く、
小さな句集の審査、とでもいう感じでしょうか。
ある程度の数となると俳句の力量が出てしまうので、
初心者のまぐれ当たりはまずありません。
写真+俳句の公募は複数応募が可能な場合でも、
一作品ごとの審査がほとんどです。
こういった一作勝負はいろいろとキビシイ。
週刊俳句10句競作は自分にとって読む価値大きいので、
今後も応募作をチェックしていくつもりです。
なお今朝詠みのこの句は有季です、

   耳朶に遠心力や春疾風


a sin grt c


スポンサーサイト
  1. 2013/03/03(日) 08:05:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫顔 | ホーム | 3月土曜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/221-10112681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1130)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR