FC2ブログ

風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

少年の投げるカーブやいわし雲

台風が来たとき、その午前3時頃に風の音で目が覚めました。
家全体が小さく揺れるほどの強風は珍しい。
朝になって、直接的な被害はなく、屋上の植木が、
桜も松も、みな横倒しになっていました。
毎日、いろんな出来事や、事件や、
ともかく様々なことがあって、テレビのニュースを見ていると、
その出来事の大きさと多さに圧倒されます。
けれど日にちが経つと、そんなことも忘れてしまう。
もう若くないせいか、月日が早い。
時間は不思議だと思う。

   少年の投げるカーブやいわし雲


a iwaku rt c

   せうねんのなげるカーブやいわしぐも

スポンサーサイト



  1. 2019/09/10(火) 20:49:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<性別のわからぬ人と雨月かな | ホーム | 廃村は分岐を右へ秋の蜂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/1529-0547f493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1517)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR