風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

俳句で知り合った人たち

俳縁というものなのか、
ここ数年でいろんな人と知り合いました。

人の値踏みをしている訳ではありませんが、
この人そのうち俳句の大きな賞をとりそう、と感じている人が、
結構何人もいる・・・。
俳句甲子園出身で次にK俳句賞が出るとしたら、この人じゃないかな、
と常々思っていた人がいて、本人の前では言いませんが、
友人にはそれを話したことある。
もっとも、さくっと別の賞を受賞してましたけど。

俳句は勝ち負けではないし、賞もそれがすべてではない、
そう言う人もいて、それはたぶん正しい。
けどやはり、本当にいい句を詠む人を目の当たりにすると、、
自分との圧倒的な力量差を感じてしまいます。
句会でも、舌を巻くというのかな、
忘れられなくなってしまう句とその作者って、たまに居ます。

これからもいろんな人と俳縁ができると思う。
人間ってどうしても自分には甘い見方になってしまうので、
同じくらいのレベルかなと思ったら、客観的にはおそらく、
相手のほうが力量は上です。

こう書いてきて、なんだか自分のダメさ加減を感じる今日この頃です。
俳句をはじめたのが遅かった気がする。
俳句甲子園出身の人って、十代のときに、
遊び半分ではなく、本気で俳句に向き合って、
そのことが大きな財産になっていると思います。
あるいは同世代でも、20代、30くらいから俳句を続けている人は、
俳句に費やした時間と積み重ねた句作量において、
自分などはとても敵わない。

これから先、自分に出来ることは何だろう・・・。
様々な句会に出て、いい句をたくさん詠んで、
それでいてまったくと言っていいほど公には発表しないMさんが、
俳人の理想形のひとつじゃないかな、と思うときがあります。

   西瓜食ふ人にポパイの力瘤


a suiyo rt c

   すいくわくふひとにポパイのちからこぶ

スポンサーサイト
  1. 2016/08/31(水) 23:31:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大ボケをかます | ホーム | 松野苑子さん、第62回角川俳句賞を受賞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yuhkiwind2b.blog.fc2.com/tb.php/1003-fa47ec36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1170)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR