風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

豚ニラ玉

今日の夕食に作ってみました。
わりと簡単で美味しかったです。

   花野から帰りぬ人の胃の腑かな


a tama rt c

   はなのからかへりぬひとのいのふかな


スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 20:46:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高等遊民

ノラはノラで大変なんです、
という声も聞こえてきそうです。

   秋日ざしあの子が欲しいあの手足


a ko 01 rt c

a ko 02 rt s

a ko 03 rt s

   あきひざしあのこがほしいあのてあし




  1. 2014/09/26(金) 21:09:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キバナコスモス、山本紀生展

キバナコスモスです、これは秋分の日、日比谷公園にて。

   秋高し公園で聴くヴァン・ヘイレン


a kikosu rt c


さて明日から新宿2丁目のギャラリー、ポルトリブレで、
山本紀生さんの絵の個展がはじまります。

山本さんは二つの句会でご一緒していて、
その目線と自由な発想の句にはしばし圧倒されます。
長く絵を描いている人なので、
ものを見ることと表現の訓練が出来ているのかも知れません。
ポルトリブレは新宿三丁目駅からも近く、
会期中、山本さんは毎日在廊しているそうです。
ハガキの写真は淡海うたひさんが撮って送って下さいました。

山本紀生展
2014年9月26日(金)-10月1日(水)
 12:00~20:00 ※最終日は17:00まで
フリーアートスペース・ポルトリブレ   クリック>HP

a yamamoto s

  1. 2014/09/25(木) 06:29:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流星

流星や星飛ぶは秋の季語ですね。
子供の頃から近眼なので、
1.5という視力の記憶がありません。
小学校一年のときにはもう眼鏡をかけていましたし、
眼鏡による矯正視力はいまも車の運転が出来る程度にしています。
だから流れ星は、なんとなくチラッと見える、そのくらい。

   星飛んで拾ふ言葉がまたひとつ


a oti rt c

   ほしとんでひろふことばがまたひとつ



  1. 2014/09/23(火) 23:12:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋分の日

朝6時に家を出て、すこし歩きに行ってきました。
祝日のこの時間は地下鉄もまだ空いていて、
霞ヶ関から日比谷公園を経て丸の内、銀座、新橋と歩きました。
9時前に帰宅、

   秋分や店主が歌人の珈琲店


a ginzaya rt c

a g 2 rt s

a g 3 rt s

   しうぶんやてんしゆがかじんのコーヒーてん




  1. 2014/09/23(火) 15:28:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロバイダーが大規模障害発生中

写真は週末、朝の散歩で。

ところで帰宅して、あれ? メールがおかしい。
ネットは出来るのですが、チェックしてみたら、
プロバイダーで大規模障害が発生している・・・。
web閲覧は1時間くらいで復旧したそうですが、
メールは障害発生から5時間経って、いまだダメみたいです。

ということで本日のメールはまだ見ることが出来ません。
なので返信も出来なくてすみません。
お急ぎの方は携帯メールへご連絡をお願いします。

   鼻歌は秋気を吸つて雲になる


a asora rt c

   はなうたはしうきをすつてくもになる


  1. 2014/09/22(月) 21:53:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は句会

昨日は句会でした、
だいぶ賑やかで20人くらいでしょうか。
ひとり15~20句なので、選句にも時間がかかり、
披講の時間も短めでした。
初めてお会いする人もいて、
こういった句座も俳縁なのだと思います。
成績は、先月がボロボロだったので、
今回はわりとよかったです、ほっとしました。
この句は無選でしたけど、わりと好きなので。

   洗はれてジーンズ蒼し秋桜


a kosumora rt c

   あらはれてジーンズあをしあきざくら


  1. 2014/09/21(日) 20:02:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋めいて

いつの間にか、すっかり秋めいてきました。
カメラ持って遠くへ撮影に出かけたいところですが、
いましばらく控えようと思います。
これは先日、ふらりと行った鎌倉にて。

   秋蝶のやうにメールの着信音


a tyoka rt c

   あきてふのやうにめーるのちやくしんおん


  1. 2014/09/19(金) 20:36:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼岸花

曼珠沙華という名前のほうが好きです。
写真は昨年9月の鎌倉、
気がつけばあれからもう一年が過ぎています。
仕事や展示、いろんな時間が流れゆきます。

   女ものの傘地にさして曼珠沙華


a manjura rt c

   おんなもののかさちにさしてまんじゆしやげ


  1. 2014/09/18(木) 20:29:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ

時間が加速モードというか、
さっき朝だったのに気がつけば夕方…。
もうすこし余裕をもったほうがいいみたい。
さてすこし気持ちを切り替えていきますか。

   秋夕べ性格のよいオムライス


a akiyu rt c

   あきゆふべせいかくのよいオムライス


  1. 2014/09/17(水) 06:23:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルリマツリ

瑠璃茉莉とも書きます、
南アフリカ原産で、ジャスミンに似た花が咲きます。

今日は仕事休みですけど、いろいろやることあって。
ずっと家にこもりきりになりそうです、
夕方はすこし歩きに行こうかな。

   秋蝶の羽花びらと同化せる


a aoine rt c

   あきてふのはねはなびらとどうくわせる


  1. 2014/09/15(月) 09:16:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜の夜

日曜の夜といっても、さっきからずっとPCで作業中…。
写真は夏に行った高山の夕暮れどきです。
あのあと大雨で大変だったそうですが、
いつかまた訪れてみたい。

   こほろぎが鳴くよ昭和のライスカレー


a yun rt c


それとふじみ野俳写倶楽部の展示に、
ゲストとして参加させて頂くことになりました。
明日からです、よろしくどうぞ。

第5回ふじみ野俳写倶楽部 「青蛾珈房/俳写展」
平成26年 9月15日(月)~10月4日(土) 
※定休日/毎週(水曜日)
炭火珈琲 青蛾珈房  HP
(せいがこうぼう) 営業時間/10:00~22:00
JR五日市線秋川駅下車秋川北口徒歩3分
東京都あきる野市秋川 2-7-7
メディオ秋川2階 TEL 0425-50-0454 
ふじみ野俳写倶楽部HP

0001 s



  1. 2014/09/14(日) 23:09:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

秋の雨

昨日は各地で雨が大変でした・・・。
うちのほうはそれほどでもなかったみたいで、
そういえば初めての個展を開いたときの9月も、
ひどいゲリラ豪雨が何度もあったのを覚えています。
月曜は銀漢亭の「Oh! 月見句会」に行ってきました。
そのとき出したのがこの三句です

   雨月かな向田邦子の卵焼
   名月を観てうつくしき脳波かな
   日時計の月の光がつくる影


a ameyo rt c

   うげつかなむかうだくにこのたまごやき

   
  1. 2014/09/11(木) 06:27:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松茸&里9月号から

松茸です、母が築地市場の八百屋で買ってきました。
よく行く人はご存知と思いますが、
築地市場の場外は、海の乾物や、肉屋、
漬物専門の店、八百屋もあります。
最近は寿司屋さんが増えたように思います。
週末など観光で来る人も多いので、
そういったお客さんは食べるお店にもよく入っているようです。

この松茸は税込で、2,700円くらいだったかな。
どこ産かは見なかった、値段から国内産ではないですね。
(あまり気にしない、w)
7本あったので、一本400円弱?
晩には早速、美味しい松茸ご飯になりました。

さて先日、里の9月号が届きました。
結社ではなく同人なので、主宰による選はなく、
(というより主宰が存在しません)
各人の7句ずつが掲載されます。
投句を送ったのが8月の初めだったので、
自分のは夏の句・・・。

   賛美歌が聞こえる池の蓮の花
   花火果て明日はパリへ帰る人
   毛虫焼く思うて平家物語
   夏星を見るペンギンの首太し
   寝る前に何度も開ける冷蔵庫
   葛餅や史記読む夜の曇り空
   はんざきの寝姿である五平餅

ブログで既に載せている句もあります、
平家物語の句は一年少々前に詠んだもので、
そのとき句会に出した元句を手直ししています。

   薄く切る松茸父が文句言ふ


a matun rt cc

   うすくきるまつたけちちがもんくいふ

  1. 2014/09/07(日) 07:39:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1075)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR