風と光の散歩道、有希編2b

写真と俳句のコラボレーションと日々思うことを綴ります

秋高し

すっかり秋ですね、
先ほどすこし夜の散歩にと思って、
歩き出したら雨…。
傘もなかったので、すぐ帰ってきました。

   言の葉と遊び疲れて九月尽


a akisora rt c



スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 20:45:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道志川キャンプ 後編

道志川というのは人気のエリアで、
春先から多くの釣り人が訪れています。
そのため放流されたほとんど釣り上げられていて、
よほどの山奥でもないかぎり、
渓流釣りは放流魚(ヤマメ、虹鱒)が対象となります。
また春先の解禁から秋の禁漁までが釣りの期間で、
この道志川は9月30日まで。
つまり禁漁になる前々日でした。

そういう状況ですから、
釣られずに残っている魚はスレていて、
簡単には釣られてくれません。
その厳しい状況のなか、
先輩はエサ釣りで3匹を釣り上げました。
エサは前日に購入しておいたブドウ虫です。

時刻はもう11時近かったでしょうか。
その3匹のヤマメをバター焼きにして頂きます。
テントを片付けキャンプ場を後にしたのは12時半頃でした。
道志川は気持いい、また来ようと思います。

え、お前は一匹も釣れなかったのかって?
いいんです、そういう些細なことに拘っているうちは、
本物のナチュラリストにはなれまへん。

  彼岸花咲いて一日の道志川


a kanpu niti 07 rt c

a kanpu niti 10 rt s

a kanpu niti 09 rt s

a kanpu niti 08 rt s




  1. 2013/09/29(日) 22:04:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道志川キャンプ 中編

日曜はまだ暗いうちに目が覚めました。
テントのなかで支度をして、
釣り竿を手に表へ出てます。
気温は13℃くらいでしょうか。
遊漁券は前日購入してあって、千円でした。
久しぶりの渓流釣りは頭より身体が忘れてしまっている感じ。
フライロッドで毛鉤を振りますが、
魚の気配がないというか、かすりもしない。
そうこうしているうちに先輩も釣りをはじめていて、
餌釣りで早速一匹を釣りました。
で、そのヤマメを借りてイメージ画像です。
(次回は自分で釣りましょう、w)

一休みして、朝ごはんになりました。
携帯用のガスコンロで煮込みうどんです。
自分で作っておいて言うのもなんですが、
なかなか美味しかった。

   秋澄みて釣り竿軽し渓の朝


a kanpu niti 04 rt c

a kanpu niti 06 rt s

a kanpu niti 05 rt s

  1. 2013/09/29(日) 21:41:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道志川キャンプ 前編

この土日は山梨県の道志川へキャンプに行きました。
土曜の午後、橋本駅で大学時代の先輩と合流して、
車で道志川へと向かいます。
このエリアは実に沢山のキャンプ場があって、
そのなかから選択したのは、
いつも空いているらしいという下村キャンプ場。
料金もかなり良心的で、これはありがたい。
川べりがテントサイトで、本日なんと我々のみ。
キャンプ場を二人で貸し切り状態です。
テントは別々、一戸建てにひとりというお気楽設定。

ここへ来る途中のスーパーで食材と、
虹鱒&鮎も購入してきました。
キャンプ場で薪も買って火を起こします。
そういえば焚き火は冬の季語。
夕食はご飯、豚汁、焼き魚。
お腹いっぱいになりました。

ただ、食事を終えて、片付けをしてもまだ7時過ぎ。
見上げれば一面の星空で、川の音が心地よい。
他にやることなく、あまりにヒマなので、
車で近くの日帰り温泉、紅椿の湯へ。
戻ってきて夜9時前。
草臥れていたこともあって、そのまま就寝となりました。
日曜は朝から本格的に渓流釣りです。

   膝屈め火おこして待つ秋の夜


a kanpu do 03 rt c

a kanpu do 01 rt s

a kanpu do 02 rt s


  1. 2013/09/29(日) 21:08:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀杏

すこしだけ食べるのが好きです。
沢山は食べられません。
あと銀杏の入っている茶碗蒸しが好き。

   銀杏はいつも小声で話す人


a ginnna rt c


  1. 2013/09/26(木) 22:06:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長き夜

いつの間にか、すっかり秋めいてきました。
夜の散歩は好きなのですが、
最近はとんと出不精になってしまって。
もうすこし気合を入れないとダメですね。

   人を待つ夜の長きこと蝶結び


a yorumati rt c


  1. 2013/09/24(火) 20:50:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまの時期も「戻り鰹」の旬ですね。
刺し身用のさくで売っていたものを
自宅でたたきにしました。
といってもフォークで刺して、
ガスレンジの火で炙ったものです。
それを氷水につけて冷やしました。
鰹はたたきにしたものも売ってますけど、
刺身用を自分でやったほうが美味しい。
盛りつけが拙いのは、ご愛嬌ということで。

   鰯雲見たこと話す夕餉かな


a katuon rt c


  1. 2013/09/23(月) 20:29:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やもり

昨晩、家にヤモリが出ました。
見かけるのは随分久しぶりの気がします。
俳句では夏の季語になっています。

昨日は仲秋の名月でした。
けれど月齢で言うと昨晩はまだ13.6日であり、
今日が14.6日で、より満月に近いそうです。
先ほど屋上へ行って、コンデジで撮ってみたのですが、
やっぱり厳しいですね。
三脚も使ったものの、かなりボケボケ。
それと知らない人のために書いておきますが、
俳句では絵や着物の絵柄は季語に相当する言葉が入っていても、
季語として認識されないことが多いです。
これははっきりとした約束事か微妙ですけど、
絵や絵柄は季感が弱いという指摘はしばし聞きます。

   望月や一筆で書くやもりの絵


a yamo 3 rt c

a yamo 1 rt s

a yamo 2 rt s

  1. 2013/09/20(金) 21:25:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リス

これは何リスでしょうか?
鎌倉のお寺や神社で見かけるリスは、
外来種のタイワンリスが増えているそうです。
それとはちょっと違うみたい、

   食欲の秋少年の宝箱


a risu rt c


  1. 2013/09/18(水) 22:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応募作展

ネット上に「週刊俳句」という俳句系のサイトがありまして、
ここはとても活況があってよく覗いています。
4人の俳人が運営していて、様々な寄稿も読みでがあります。
いいサイトなので知らない人いたらチェックしてみて下さい。

この「週刊俳句」で「角川俳句賞落選展」という企画があって、
今年もまだこれからのようですが、受賞に至らなかった応募作が、
その本人たちの寄稿により掲載されます。
もちろん、選考に異議ありといった趣旨のものではなく、
また応募作もさすがに読みでがあります。
角川俳句賞は未発表50句の一遍を応募で、
まず予選通過のハードルがかなり高く、
今年はどんな人たちが残ったのかも興味深いです。
これは懸賞的な公募ではなく、
専門俳人の登竜門的な賞でもあります。
なお受賞者は先月末に発表されています。

ということで「週刊俳句」に倣って、
全国フォト×俳句選手権の一人応募作展をやってみます。
規定内の5作を応募してどれも選外、まだまだ力不足を痛感。
このページではいつもの表記スタイルにしてあります。

   秋遍路石に座れば石の声
   熱帯夜ピカソに青の宇宙かな
   輪廻する蛍いつしか星の海
   夏空をジンベイザメのように雲
   里山にむかしばなしの鹿の声


a kura 05 rt c

a kura 04 rt c

a kura 03 rt c

a kura 02 rt c

a kura 01 rt c


  1. 2013/09/16(月) 07:44:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恵比寿ガーデンプレイス

昨日はガーデンプレイスに行きました。
この土日月は恵比寿麦酒祭、
地下のセンター広場ではこんなビヤホールがオープン…。
いつもの週末以上に混雑していました。
恵比寿ガーデンプレイスは1994年の開業ですから、
来年はもう20周年になるのですね。
ただし恵比寿麦酒祭、本日15日は台風のため中止とのこと。
台風は明日のほうがひどくなるみたいですし、
もし行く人はHPをチェックしてみて下さい。

   土曜日の人みな笑顔小鳥来る


a ebiga rt c

  1. 2013/09/15(日) 21:56:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

布袋葵

うちの屋上に咲いたホテイアオイです。
メダカのいる大きな水槽というか、
大きな釜があって、そこに可憐な花をつけました。
こうしてぽつんと咲いていると、子供みたい。
布袋葵(ホテイアオイ)と布袋草(ホテイソウ)は、
手元の「必携季寄せ」(角川書店)では夏の季語、
「今はじめる人のための俳句歳時記」(角川文庫)では
季語に載っていませんでした。

   秋風の吹いて水呑む句帳かな



a hoteso rt cc

先日ブログにすこし書きましたけど、
第4回全国フォト×俳句選手権で、
友人の笑子さんがグランプリを受賞しました。
彼女は松本での第1回から参加していて、
写真のほうもJPAに所属する写真家でもあります。
ずっと頑張ってきたのはよく知っていて、
笑子さんの受賞はやっぱり嬉しい。
心からおめでとうです。

  1. 2013/09/14(土) 20:40:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

椎茸、秋の季語

週末は天気大荒れ?
明日は大丈夫そうなので一安心です。
椎茸で詠んだことってほとんど記憶にない…。
たまにはと思って先日トライしてみました。

   椎茸を恋の奴隷のように食う


a siita rt c



  1. 2013/09/13(金) 20:32:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年ほど前の写真です。
場所は神奈川県三浦半島の三崎漁港。
ところで、この三崎は平明音の「ミサキ」ではなく、
「ミ」にアクセントのある発音だそうです。
それ聞いたときには思わず、へ~!でした。
テレビなどではアナウンサーも平明音で言っていますが、
あれはそもそも誤りらしい。
神奈川の地元では「“ミ”サキ」なのですね。
ここ読んだ人、覚えておきましょう。

   鯊釣や竿に感ずる海の熱


(補足)
三崎のアクセントの話は、何ヶ月か前の句会で、
三崎を詠んだ句が出てきて、その講評のときに、
作者とは別の人から指摘が出て、初めて知りました。
神奈川は自分も縁が深いのですけど、
ずっと平明音だと思ってましたから。
句の作者は「街」のSさん、自分も選に採りました。
ここでは無断で句を紹介できないので、割愛です。


a haze rt c



  1. 2013/09/12(木) 21:34:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マクロ撮影その2

ほぼノートリミングの写真です。
ブログ用の縦横にするため、
左右の両端をすこしだけ切り取って、
いつものように軽くレタッチをかけています。

これはパナソニックのコンデジ、
ルミックス DMC-LX5(2010年8月発売)で撮っています。
f28mm F2.2 1/500 iso80
コンデジは被写界深度が深い(パンフォーカスになりやすい)ので、
被写体の手前から遠くまでくっきりしますけど、
F2.2のマクロ撮影だとピン以外は結構ボケますね。

   秋立ちてカメラのレンズ透き通る


a makuro en rt c


  1. 2013/09/11(水) 21:35:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神保町

正直なところ、この街はあまり詳しくはなくて。
けれどこれからはちょくちょく行きます。
秋はここでグループ展を開催します。
当初の予想以上に展示メンバーが面白いことになりそうで、
自分としてもその写俳を観るのが楽しみです。

   神保町色なき風の休みけり


a jinbon2 rt c


  1. 2013/09/09(月) 22:55:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マクロ撮影

今朝は早くに目が覚めています。
デジタル一眼は単焦点のマクロレンズを持っていません。
そういえばキットレンズ使用のデジタル一眼と、
コンパクトデジカメ(コンデジ)だと、
必ずしもデジ一が綺麗に撮れる、という訳ではなくて。

マクロ撮影はコンデジが綺麗に撮りやすい。
レンズを被写体の1cmまで近づけて撮れる機種も珍しくなく、
またデジ一との被写界深度の違いもあります。
デジ一はレンズをいろいろ取り揃えれば(お金大変)、
撮影の幅は広がるのですが、
それもなかなか厳しいものがあります。
写真はコンデジによるマクロ撮影です。

ところでオリンピックの東京開催決定ですね。
駅前では新聞の号外も配っていたし、
様々な問題が山積の日本にとって、
これはとても明るいニュースだと思います。

   胃のなかへ秋教えてやる夕べかな


a kaatu2 rt c


  1. 2013/09/09(月) 05:05:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜

もう10半を過ぎてますね、
今日は午後いくつか回るところもあって、
けどまだ時間はあるのでネットしてます。
11月に都内で展示をやりますので、
その下準備がだいぶ佳境です。
個展なら自分次第でどうにもなるのですが、
人数がいて、初めての人もすくなくないので、
初動できっちりいかないと、あとで収拾つかなくなる。
これまでの展示とだいぶ違う内容ですし、
その話はまた後日書くことにします。

ところで金曜は友人の嬉しい知らせが入ってきました。
ずっと頑張ってたのはよく知っていて、素直によかったと思う。
公には9月中に発表と聞いていたので、
選考などもまだこれからかなと思ってましたが、
今度の水曜にはもう新聞にも発表だそうです。

   とんぼうや物干竿を越えて空


a sorahe rt c


  1. 2013/09/08(日) 10:42:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六本木通りの坂

明治通りの歩道橋から見たR246、六本木通りです。
写真の右端に渋谷警察署の建物が一部写っています。
ここはゆるやかな坂なのですが、
すこし調べてみて坂の名前はわかりませんでした。
写真の向こう側へ、坂を上ってしばらく行き、
右に曲がると金王神社があります。

   重力や坂の途中の水蜜桃


a sakasaka rt c



  1. 2013/09/05(木) 22:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶のスイッチ

年齢相応の脳みそなのかなと思います。
句会に参加すると、いろんな句が出てきますが、
そのときふっと頭に入るというか、
覚えてしまう句がありますね。
あるいは選の講評で、誰さんがあんなこと言っていた、
もちろん全部を覚えている訳ではないし、
あれはどういう記憶のスイッチだろう。

いまふっと思い出したのですが、
何年も前、友人と山へ行っていて、
そういえば昼を一緒に食べながらの、
何気ない会話を思い出します。

かと思えば、ずっと思い出すこともなかったのに、
なにかの拍子に人との会話が蘇ってくる。
さほど関心のある相手でもないのに。
記憶って不思議だと思う。

   秋雲の錆びて記憶の海の底


a sorasora rt c


  1. 2013/09/04(水) 23:13:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キバナコスモス

今日は会社で仕事をしていて、
ふと表を見たら、
ヤマト便のトラックが通りを抜けていきました。
そんな当たり前の光景にふと秋を感じるような、
けれどまだまだ残暑です。

   秋澄めり太宰の墓に紙人形


a dazai rt c


  1. 2013/09/02(月) 21:17:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桔梗

秋の季語です。

   夢つかむ筋肉弛緩して桔梗


a kikyon rt cc

  1. 2013/09/01(日) 23:02:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yuhki

Author:yuhki
倉田有希HP

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1118)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR